北の友から

ホームページに使用した写真を掲載しています。

北海道在住時代の伝手で、季節感のある写真を送ってもらえるようお願いしています。

 

写真はトップ画面に使用しますが、折角もらったので格納場所(ココです。)を作って簡単な解説も加えました。

 

皆様に少しでも楽しんでいただければ幸いです。

 

筆者
なお、プロでもセミプロでもない方々からの写真なので・・その前提でお願いします。

 

~北海道の友人たちへ~

北海道ならではの写真を随時お待ちしております!

 

フォトギャラリー(掲載順)

(1)ライラック(2020.6)

ライラック

【2020.6 Photo by R.Y】

メモ

北海道ではお馴染み、初夏を彩るライラックです。大通公園に沢山咲いているので毎年楽しませてもらいました。毎年5月に開催される「ライラック祭り」で花見をしながら昼からビールを・・。最高の思い出の一つです!なお、ライラックはフランス語だそうです。

 

(2)ルピナス(2020.6)

北海道は良いシーズンという事もあり、6月2回目です。

 

筆者
前回のライラックは好きだったので、トップ画面から消えてしまったのは残念ですが・・また折を見て復活させる予定です。

 

さて、今回の花は「ルピナス」です。

 

ルピナス

【2020.6 Photo by R.Y】

 

ルピナスとは、荒れ地でも生息する強靭さを持ち合わせていることから、ラテン語で狼を意味する「Lupus(ループス)」を語源としているそうです。

 

筆者
花に「狼」と名付けるセンスがラテンのノリなのでしょうか・・。

 

日本では、藤の花が逆さになっているようにも見える事から「昇り藤」とか呼ばれているらしいです。

 

メモ

*しかしながら、マメ科だそうです。

 

前回のライラックと異なり、あまり北海道在住時代に見た記憶がないな~と思って調べてみると・・。

 

初夏(6月~7月)の「彩の丘」(深川→旭川の手前です。)や富良野・美瑛(夏のラベンダーが有名ですが。)といった所が名所だそうです。

 

筆者
6月~7月にこの辺に行くのは、北海道(札幌)で仕事をしていても若干ハードルが高いですね。

 

賢者
深川なら行ってみる価値ありましたが「彩の丘」を知りませんでした。富良野や美瑛は旭川の先なので・・札幌からでも遠いです。

 

北海道の初夏は最高なので、札幌で円山動物園にでも行った後に「彩の丘」に足を延ばす観光プランも良いかも知れませんね!

 

【2020.6 Photo by R.Y】

 

(3)支笏湖(しこつこ)(2020.7)

梅雨がない北海道でのピーカン天気の写真が続きます。

 

参考

*近年では温暖化の影響か・・北海道でもこの時期に湿っぽい天気が続いたりもしますが・・まあ取り合えず。

 

本州では暖かく(というか暑く)なってきたこのタイミングで・・今回は湖です。

 

支笏湖

【空・山・湖のコントラストが素晴らしいですね!なお、トップページではこの写真の湖部分のみを切り出しています。(2020.7 Photo by R.Y)】

 

支笏湖ですが、札幌に住んでいると週末に1度は足を延ばすようなイメージの・・身近な湖ですね。

 

筆者
札幌から車で1時間チョイでしょうか・・。

 

しかしながら、よく考えると支笏湖って北海道に住むまでは知らなかったので・・本州での知名度はどうなのでしょうか・・。

 

支笏湖

【知名度が不明なので一応地図を載せてみます。札幌の南ですね。地図には表示されていませんが、千歳空港からも近いです。函館方面に行く場合には大抵近くを通ります。】

 

ついでに支笏湖の特徴について調べてみると・・。

 

筆者
「国内第2位の透明度の高さ」「カルデラ湖」「温泉あり」ってところでしょうか・・。

 

ともあれ、コロナ禍ですので「北の友」には今回のような札幌近郊の名所を訪ねて・・また写真を撮ってきてもらいたいものですね。

 

支笏湖

【写真が支笏湖であるエビデンスを一緒に送ってもらったので掲載しておきます。しかしこれも縦長ですね・・。(2020.7 Photo by R.Y)】

 

(4)紫陽花(あじさい)(2020.8)

北海道の短い夏を彩る花々、今回の写真は「あじさい」です。

 

あじさい

【2020.8 Photo by R.Y】

 

何かエピソードを・・と「北海道 あじさい」で検索すると・・。

 

あじさい

【食べたことは・・ありましたかね・・?】

 

筆者
・・有名なラーメン屋が出てきました。

 

このラーメン屋は本店が函館だそうですが、今回の写真も函館で撮影してくれたそうです。

 

八幡坂

【最後はお得意の「縦長写真」で・・。(2020.8 Photo by R.Y)】

 

参考

*八幡坂(はちまんざか)というらしいですが・・証拠写真として送られても良く分かりません。

 

ちなみに「あじさい」ですが、7月中旬から8月上旬にかけて割と北海道の色々なところで見られるらしいです。

 

筆者
まあ・・ラーメン屋の名前に使用されるくらいなので、函館ではメジャーなお花なのかもしれませんね。

 

あじさい

【2020.8 Photo by R.Y】

 

(5)クレマチス(2020.9)(実は2020.6)

6月に貰っていた「クレマチス」の写真で残暑厳しい9月をやり過ごします。

 

クレマチス

【写真映えのするお花ですよね・・。】

 

お知らせにも記載したのですが、この写真は2020年6月の企画開始時に「ライラック」と一緒に貰ったものでした。

 

筆者
当初、両方掲載しようと思ったのですが・・。

 

クレマチスは10月くらいまで咲いていることを知り、取り合えず在庫する事にしたのでした。

 

クレマチス見ごろ

【いつでもどこにでも咲いている花みたいですね・・。】

 

参考

*上記画像及びクレマチス情報の参照元↓

北海道建設部都市環境課HP

 

上記HPによると、クレマチスの名前はギリシャ語で「つる」を意味する「クレマ」に由来しているそうです。

 

賢者
・・「チス」は?

 

筆者
・・分かりませんが、据わりの良い語尾なのではないでしょうか?

 

つる性植物の女王とも呼ばれ、品種改良なども進みガーデニングなどでも人気のある品種らしいです。

 

そして、やはり北海道に特有の花という事ではないみたいです。

 

クレマチスの丘

【「クレマチス」で検索したら・・静岡に「クレマチスの丘」というのがあるのを発見しました。ち、近い・・。】

 

妻に聞いても「特に見た記憶はない」とのことなので、そこら辺に咲いているというよりはガーデニングやっている家とか限られた場所で咲いているのかも知れません。

 

ともあれ、北海道のHPにも掲載されている(上述)くらいなので、「北海道でもお馴染みのお花」という事なのだと思います。

 

筆者
・・と、そういう事でお楽しみください。

 

クレマチス

【2020.6 Photo by R.Y】

 

(6)フクシア(2020.10)

贈り物効果で「北の友」から沢山もらった写真のうち、今回は色合いが秋らしい「フクシア」を掲載しました。

 

フクシア

【実際のところは秋のお花なのでしょうか・・。】

 

私は当然として「北の友」もお花のプロという訳ではないので「名前は分かりません。」的な写真も結構いただきます。

 

筆者
今回の写真も、そんな中の一枚でした。

 

綺麗なので掲載するとしても、花の名前が分からないと検索も解説もできないので・・今回初めて「グーグル画像検索」を使ってみました。

 

Google画像検索

【該当の写真をドラッグすると・・。】

 

fuchsia

【あっという間に花の名前が分かります。今度、自分の顔とかでもやってみますかね・・。】

 

あっという間にこのお花が「フクシア」という名前だということが分かりました。

 

次に「北海道 フクシア」で検索してみると・・。

 

札幌にフクシアを増やそうという趣旨の冊子がヒットします。

 

札幌市公園緑化協会

 

しかしながら、他には有力(公的)なページでの照会は見つけられず・・。

 

これまで紹介したお花は、実はいずれも北海道のホームページに「北海道の花」という形で紹介されておりました。

 

筆者
なので・・今回の「フクシア」は、北海道でもマイナーなお花なのかもしれません。

 

イベントとしても、唯一「百合が原公園」というところで「フクシア展」というのを発見できました。

 

筆者
百合が原公園は・・札幌駅から北に7~8㎞といった所にあるようですが・・行ったことなかったです。

 

百合が原公園の場所

 

しかしながら、先ほどの冊子を読んでみると、「欧米ではメジャーなお花」だそうです。

 

賢者
綺麗で長期間花が咲いているからだそうです。

 

原産地は南米ですが高地に咲いているものが多いため、寒さに強いことから北海道の気候にもマッチするんだとか。

 

参考

*上述の百合が原公園の展示会日程は6月~8月頃でした。本来の見ごろは初夏~夏のようです。秋っぽさで選んだものの秋のお花という訳でもなかった模様です。

 

今後、北海道の雄大な大地一面に咲く「フクシア」を見る事ができる日を楽しみに待ちましょう!

 

フクシア

【2020.10 Photo by R.Y】

 

(7)北大銀杏並木/ななかまど(2020.11)

これまでのお礼に・・と、「北の友」に季節遅れのお中元を贈ったところ、その後写真が大量に届くようになりました。

 

筆者
・・分かりやすいのね・・。

 

北海道はもう冬で写真をストックしてもしばらく放出できないので、今回は「2本立て」でお送りします。

 

メモ

*PCとスマホで別々の写真を設定できます。

 

①北大銀杏並木(PC)

私の出身大学を忖度してくれた「北の友」から、満を持して我が母校の写真が送られてきました。

 

北大銀杏並木

【観光地としても有名な銀杏並木です。私が学生の頃より大きくなった気が・・。】

 

行ったことのない方のために、北大構内の中での銀杏並木の位置を確認すると・・。

 

北大構内図

【北大全体図(左)と銀杏並木周辺(右)です。全体図の右下に札幌駅があるという絶好のロケーションで、南北1㎞に及ぶ広大なキャンバスとなっております】

 

 

右の「拡大図」の真ん中部分で東西に延びているのが銀杏並木です(矢印上)。

 

なお、私がかつて通った薬学部は銀杏並木の南側(矢印下)にあります。

 

筆者
・・つまり・・銀杏並木は、私にとって「かつての通学路」ですね。

 

メモ

*皆さんも天気の良い日に是非行ってみてください。

 

北大銀杏並木

【2020.11 Photo by R.Y】

 

②ななかまど(スマホ)

スマホ画面は「ななかまど」を採用しました。

 

ななかまど

【真っ赤でインパクトのあるお花・・というか、実ですかね・・?】

 

筆者
(個人的には)秋のゴルフ場で、青い空・緑の芝(・ダフッた土の茶)との色合いがとっても素敵な印象が強いです。

 

ななかまどは(当コーナーお得意の)「北海道HP」にも掲載されておりました。

 

北海道HP

 

一応日本中にあるものの、北海道では街路樹として採用されているなどの理由から「身近な花」という事みたいです。

 

なお、「ななかまど」の由来は「七回窯に入れて焼いてもまだ焼け残る」位に材質が固いという事らしいです。

 

筆者
・・ちょっと・・わかりにくいです。花の美しさには関係ないのですね。

 

まあ、名付けられた頃は「花の美しさ」より「生きるために必要な木材」としての視点だったのであろうと(勝手に)推測します。

 

ななかまど

【2020.11 Photo by R.Y】

 

この季節に北海道行く機会があるのであれば「ななかまどの赤い街路樹」を探してみてください。

 

筆者
・・ちなみに私は・・ゴルフ場以外で見た記憶はないですね・・。

 

メモ

*北の友へ:沢山写真を送ってくれたのに少ししか採用できなくてごめんなさい。隙を見て在庫を放出しますので懲りずに送ってください~。

© 2020 医療機関の"事務長代行型"税理士事務所Crave Powered by AFFINGER5