税理事務所開業後にドタバタするお話

Google広告に「医療色」を託す ~ブログでは特色を出せず次善の策に出るお話②~

投稿日:

注意ポイント

(前回の続き)

前回記事

 

こんな方におすすめ

  • 前回の記事をうっかりと読んでしまった方
  • Google広告を出そうか考えている最中の方
  • Google広告の仕組みに興味のある方

(4)キーワード(前回の続き)

【これは前回最後に紹介した画面です。】

 

デフォルトでは・・恐らく、私のHPの中にあるキーワードで「検索数の多いもの」がリスト化されると思われます。

 

なお、検索数は1か月の平均値で、これを15個程度設定する事を求められます。

 

ここで沢山広告が表示されるように・・と検索数の多いキーワードを複数盛り込むと「あっと言う間に広告費が上限に達する。」という危険な仕組みです。

 

Google先生は偉大ですが・・このデフォルトは「出来るだけ広告費を発生させる。」仕組みと言う事が出来ます。

 

そして・・例えば上の図中の「税理士(検索数60,500)」をキーワード検索する人の中にどれだけ潜在顧客がいるかと言うと・・。

 

筆者
キーワードが漠然としすぎていて潜在顧客は少なさそうですね。

 

私の場合、広告出稿の目的が「医療色を付ける」と明確なので・・。

 

筆者
「医療 税理士」「クリニック 税理士」等・・14個のキーワードを設定しました(具体的な項目は最後を参照)。

 

なお、これらの項目の検索数は・・。

 

【す・・少ない・・。中には「0」と言うのも有りました。】

 

14個合計しても検索数1,000にも満たないので・・「税理士」1つよりも広告費はかからない事が予想されます*。

 

メモ

*クリックされるごとに課金される仕組みなので検索数が少ない方が広告費はかからない(効果も無い)。

*後程、過ちに気が付きます。

 

ただ、これらキーワードを使用する方の一定割合は私にとっての想定顧客であると期待できるので・・。

 

デフォルト状態と比較して「費用対効果の高い広告を出す事が出来る。」と考えられます。

 

(5)入札単価

1クリックに最大幾らまで出すかという項目です。

 

可能な限り安い方が良い訳ですが・・相場が分かる筈も無いので「自動」とします。

 

(6)広告の作成

決められた文字数でキーワードを盛り込みつつ作成します。

 

【こんな感じで表示されるようにしてみました。】

 

以上の設定を行い、次に進むと・・そのまま広告開始となります。

 

ちなみに、私が設定したキーワードは以下の通りです。

 

筆者
14個のキーワードを増やそうと思っていじっていたら・・何故か削除され13個になってしまいました・・。

 

【サポート担当の方が当HPを見ているかもしれない義理で「医療 ジョブカン」というのも設定してみましたが・・まさかの「検索数0」だったので止めました(すいません。)。】

 

この画面を見て、「クリック単価89円て高いな~。」と色々いじっていると、キーワードプランナーなるものがGoogle広告上にありました。

 

そこで、「医療 税理士」を試しに入れてみると・・。

 

【上部に掲載されるには最低437円必要らしく・・。もうちょっと勇気が出たら予算増額の検討をします‥。】

 

大して検索されないですが競争は激しいキーワードみたいですね。

 

他、競争の少ないキーワードであればもっと最低単価は安い模様ですが・・。

 

まあ、取りあえずこれで様子を見てみます。

 

筆者
クリックされる日が来るのか・・乞うご期待!

 

にほんブログ村 士業ブログ 税理士へ
にほんブログ村

-税理事務所開業後にドタバタするお話

Copyright© 医療機関の"事務長代行型"税理士事務所Crave , 2019 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.