事業主になるための開業準備のお話

サラリーマンとWebセミナー ~会社に居ながら最新の知見を得られてしまったお話②~

更新日:

注意ポイント

(前回からの続き)・・セミナーの内容はここからです。

 

こんな方におすすめ

  • 前回記事を見てしまった方
  • チャットワークに興味のある方
  • Webセミナーを受講してみたい方

 

1.シンプルなのが良いらしい。

色々な機能が搭載されたチャットもあるらしいのですが、あえて誰でも使用しやすいように必要最低限の機能となっているようです。

 

私の想定顧客も決して大きな企業ではないので、このコンセプトについては好印象です。

 

こういうのって、複雑にするよりシンプルにする方が難しいしセンスが問われると個人的には思います。

 

2.「チャット」と「タスク」をどう使うかが肝?

チャットワークは、文字通りのチャットツールですが、他の機能として「タスク」というものがあります。

 

「チャット」は、既読フラグの立たないLINEみたいなものという理解です。

 

一方、「タスク」は、完了のタブを押すまで自分の手元に残るような仕組みです。

 

言わば、「チャット」は流しそうめん、「タスク」はわんこそば・・。

 

筆者
却って分かりにくいですかね。

 

女神
確かにわんこそばは食べないと次に進めないですが・・。

 

3.ビジネス利用だと有料プランがお勧めらしい。

まあ、やはり作り手は有料で販売したい訳ですが、こちらとしては(少なくとも最初は)無料で使用したいのです。

 

無料プランでどの程度の事が出来るのか・・今回一番気になっていたのですが、丁度職場の人と話をしていて聞き漏らしてしまいました。

 

有料は月500円と800円のプランがあるらしいですが・・。

 

筆者
自分の1ライセンス分は良いとして、お客さんの分がどういう扱いになるのか、ですよね。

 

4.ルール作りが大切である。

「あいさつ文を入れない」とか、「回答を求めるときは必ずタスクを利用する」とか、利用にあたってのルールを会社独自に検討する必要があるみたいです。

 

個人的には、標準的な使用ルールは製作者側から提示があった方が検討しやすいかな、と思いました。

 

筆者
有料プランだと提案してくれるのかも知れませんが・・。

 

・・という訳で、移動時間0でセミナーを聴講する事が出来ました。

 

奇しくも、チャットワーク導入の効果として今回真っ先に挙げられていたものとして「移動時間の短縮」がありました。

 

別にお客さんの所に行かなくともチャットで済んでしまう訳ですね

 

「何だか訪問しないで料金貰うのは忍びない・・。」という気もしますが、例えばコンサルの場合、本来的には移動時間ではなく「問題解決」に対してお金を貰う訳なので・・。

 

チャットというと軽い言葉にも聞こえますが、割と本質的な業務改善ツールかな、と思いました。

 

筆者
何とか・・使用してみよう。

 

まあ、私がバリバリとチャットワークを使う日が来ますよう・・まずは税理士登録を何とかして欲しい~。

 

にほんブログ村 士業ブログ 税理士へ
にほんブログ村

-事業主になるための開業準備のお話

Copyright© 医療機関の"事務長代行型"税理士事務所Crave , 2019 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.