税理事務所開業後にドタバタするお話

御巣鷹山に首を垂れる ~山崎豊子氏の名著「沈まぬ太陽」を読み返したり・・なお話~

投稿日:

注意ポイント

暑い夏、皆さま如何お過ごしでしょうか?

 

こんな方におすすめ

  • 独立開業したのに夏バテ気味な方
  • 暑すぎて何もやる気が起こらない方
  • 「沈まぬ太陽」が気になっている方

 

雨だらけの7月から一転、例年通りの暑さが続く8月・・皆さまどのようにお過ごしでしょうか?

 

筆者
私はと言えば・・クーラーをつけて寝ても暑くて夜中に目覚めてしまったり・・。

 

女神
設定温度少し上げておきました。もったいないので・・。

 

筆者
・・!

 

と、決して万全なコンディションとは言えない状況です。

 

そんな中、トピックスとしては概ね以下のようなことを実施しました。

 

他にもぼちぼちご報告できるネタもあるような気がするのですが・・現況に準じた記事(夏バテ気味な内容)をお送りします。

 

1.親のすねかじり旅行に行く。

今年も2度国内旅行に行きます(一部「ました」)が、いずれも親がスポンサーについた、言わば「親のすねかじり旅行」です。

 

筆者
そうまでして孫に会いたい心境が理解できないですが・・。

 

子供の頃は親の心も分からなかったので・・そのうち自分にも分かるようになると予想します。

 

前半は千葉、後半は青森(こちらは記事を書いている時点では予定)ですが・・普段は決して手の出ない「ドイツ村のドイツビール(約600mlで1,300円!)」を午前中からがぶ飲みします。

 

【とても美味しいのですが「特大」と言うほどの大きさは無く・・。】

 

宿泊先に到着後もアルコール三昧で・・良い休日となりました。

 

筆者
この生活を続けていると・・廃人になりますね。

 

女神
まあ・・いつもぼちぼち飲んでばかりですが・・。

 

2.山崎豊子氏の小説「沈まぬ太陽」を10数年ぶりに読破する。

御巣鷹山に日航機が墜落したのは1985年8月12日だそうです。

 

丁度その時期だから・・という訳では決してなかったのですが、いつかもう一度読もうと思っていた本書をたまたまこの時期に手に取りました。

 

以前に「沈まぬ太陽」を読んだのは・・きっと社会人になって日の浅い20代の頃だったかと思います。

 

筆者
文庫本は5巻まである長編ですが、3巻で日航機墜落事故の話になり・・。

 

そういう小説だと知らずに読んでいたので過去最大級の衝撃を受けたのでした。

 

その後、事あるごとに読み返そうと思いつつ、何だか怖くてずっと行動に移せませんでした。

 

今回、思い立って読み返してみましたが・・日航機墜落に至る「人的不備」に果敢に迫る乾坤一擲の名作だな~と改めて感じました。

 

石の上にも3年と言いますが・・本書の主人公は「石の上にも10年、しかも・・?」という感じなので、私も今の職場で結果を出せるまで粘りの姿勢で取り組もうと感じました。

 

【勝手に映画か何かの画像を拝借してしまいました。日本人なら一度は読むべき本だと思っていますが・・池井戸小説みたいにハッピーエンドにならないのが苦しい・・。】

 

3.税理士事務所としての仕事も徐々に増える。

徐々に「税理士事務所」としての仕事も増え始め、「二刀流(副業・兼業)」っぽくなってきました。

 

実戦で「会計freee」を使うと「会計スペシャリスト」等で学んだ知識が益々活きるのを感じます。

 

記事「会計スペシャリスト合格」

 

基本、この業界は徐々に業務が増えていくので・・顧客ニーズに応えつつ「自己実現」も果たせるように頑張りたいと思っています。

 

注意ポイント

色々書きましたが、実際にはほぼほぼ「沈まぬ太陽」でした・・。

 

とまあ、人生の自己実現に向けて前進しているのかは分かりませんが、この暑さなので仕方がない・・という事で、可能な範囲で仕事をしつつ人生も楽しみたいと思っています。

 

筆者
・・あなたの太陽は沈んでいますか?

 

女神
・・良く分からないけど・・暑くて何もやる気しないのは確かですね。

 

賢者
・・「沈まぬ太陽」に関連させようという意図が無理矢理すぎる・・。

 

では~。

 

にほんブログ村 士業ブログ 税理士へ
にほんブログ村

-税理事務所開業後にドタバタするお話

Copyright© 医療機関の"事務長代行型"税理士事務所Crave , 2019 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.